眼の周りは皮膜が薄いですので、ちょっとの刺激によってくま等が出やすい箇所といえます。そのため、しっかりとしたお手入れが必要不可欠になる場所であるとも言え、それらの肌対策をしていくことによってしわや茶くま、眼元のたるみなどを解消するしていくことが可能です。

スキンケアをする際には、皮膚の状態に合った眼元ケアをしていくことが重要です。目元専用美容液もお肌の状態にマッチしたものが店先で非常に多く売られているため、悩みや症状にあわせた種類を選んで使ってみる事が有効だと感じます。

目の周りの乾燥が悩みの種なんて際だと、保湿効果の高いセラミドや乾燥対策に有効なヒアルロン酸、ふっくらした肌作りにかかせないコラーゲンなどといった保湿成分が含まれているものを使うことがお勧めです。コラーゲンは肌に水分を閉じ込める力が非常に高いため、エアコンなどが原因の乾燥にあらわれる目元の縮緬ジワに非常に効果的です。

くすみが悩みのタネだというときですと、美白効果があるヴィタミンC誘導体が効果的です。vitaminC誘導体はコラーゲンの合成を活発化させるため、日に焼けた際または炎症が原因で生成されたmelaninによって出来たシミや皺に非常に効果があり、目元のしわをしっかりケアしていきたいという場合にはレチナール配合の保湿クリーム 配合のエッセンスがお薦めだと考えられています。肌への刺激が少なく安定した成分で美容液などに配合されている酢酸レチノールと呼ばれている化合物はビタミンAの総称となります。皮膚にも非常に大切な物質で傷んだ細胞を治してCollagenやエラスチン、ヒアルロナンを作ります。

そこで使用前に注意しなくてはならないのが、ビタミンC誘導体やレチニールエステルはお肌の弱い方が使用した場合肌への刺激があらわれる場合もあるようです。そのため、肌のトラブルをさけるように使用前に出来るだけ二の腕などにそれらを塗りパッチテストをやってから使用されることが大切となります。そして、目元のcareをする時はクレンジング剤etcにも注意する必要が大事です。